椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,首ヘルニア,治す,方法,腰痛,関節痛,四十肩,骨粗しょう症,肩こり,ストレッチ

骨粗しょう症(骨粗鬆症)

 

骨粗しょう症は中々自覚症状がなく、ひどくならない限り
気づかない事も多いと思います。

 

背中や腰に痛みを伴ったりもしますが、背中がまるくなったり、
身長が縮んだりとする症状は徐々に進むので、気づいた時には
症状が進行していたりもします。

 

骨粗しょう症が進むと、もろくなった骨は重みで潰れてしまう
事があります。これを「圧迫骨折」と言います。圧迫骨折を繰り返すと、
背中がまるくなったり、身長が縮む原因になります。

 

ただ、この状態でも痛みを感じなくて、自覚症状がなかったりする事も
あるので、常日頃から自己チェックをするようにしてください。

県や市などの健康診断をうけましょう。

 

県や市などの健康診断で簡単にすぐに受けれるので、
一度受診すると良いでしょう。加齢と共に骨密度も減ってきます。
軽石のようにスカスカの状態が骨粗しょう症です。

 

ちょっと転んだだけで、骨折したりと骨がもろくなります。また、
閉経や更年期によって骨密度が減少する事もあり、
ダイエットなどの栄養不足による骨粗しょう症もあります。

 

年配の女性の多いのが、この骨粗しょう症です。治療方法は、
主に薬による治療を施しますが、日常生活の上でも食事や
運動で治療していきます。


首の痛みを完全克服したい!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネック






骨粗しょう症(骨粗鬆症)関連エントリー

ぎっくり腰
ぎっくり腰は急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)と言われる、一種の腰痛です。急激に動く動作だったり、重い荷物をもったりと、なんらかのきっかけで起こるとされています。
ストレスと自律神経と腰痛の関係
このサイトは、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア(首のヘルニア)と、それにともなう 痛みや痺れ(しびれ)を治すために、役立つ情報を発信!
腰痛
腰痛とは言葉の通り、腰に痛みを感じる状態の事をいいます。腰痛にはどのような疾患があるのでしょうか。
肩凝り
肩凝りは殆どの成人した人なら経験した事のある、現代病のひとつではないでしょうか。肩が重い、張る、痛い、この症状は非常につらいものです。
四十肩・五十肩
四十肩・五十肩は肩関節の周りに炎症が起こり、肩が痛くなったり腕が肩より上に上がらなかったりする事を言います。40代〜50代を中心に中高年の方に多いとされています。
膝の痛み 関節痛など
膝の痛みの原因は様々あります。加齢と共に関節のあちこちに痛みが表れる事は多々あります。
坐骨神経痛
坐骨神経痛は病名ではありません。坐骨神経痛とは神経が腰椎から骨盤を通し、坐骨から出た状態で、何かに原因で坐骨の神経が圧迫された状態をいいます。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)
このサイトは、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア(首のヘルニア)と、それにともなう 痛みや痺れ(しびれ)を治すために、役立つ情報を発信!