椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,首ヘルニア,治す,方法,腰痛,関節痛,痛み,ストレッチ,肩こり,トレーニング


首の痛みを完全克服したい!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネック






ヘルニアに関連する痛みと症状エントリー一覧

ぎっくり腰
腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア ぎっくり腰・分離症など幅広く対応ぎっくり腰は急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)と言われる、一種の腰痛です。急激に動く動作だったり、重い荷物をもったりと、なんらかのきっかけで起こるとされています。大体が激痛を伴い、動く事すらままならないほどの痛みがあります。ぎっくり腰になったら、安静にする事が一番大切です。荷物の運搬をしている人がぎっくり腰になり、3日間動けず這いつくばって動いていたと聞いた事があります。徐々に動けるようにはな...
ストレスと自律神経と腰痛の関係
腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア ぎっくり腰・分離症など幅広く対応人は何らかのストレスは抱えています。仕事や人間関係でうまくいかなかったり、家族間の問題だったりと、物事がうまくいかないときにイライラしたりとストレスがたまったりしますよね。心と身体は密接な関係があると言われていますが、ストレスが原因で自律神経が乱れたりします。自律神経とは心のバランス、目に見えないものです。自律神経は活動する神経といわれる「交感神経」と、休む神経といわれ、「副交感神経」の二つに分け...
腰痛
腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア ぎっくり腰・分離症など幅広く対応腰痛とは言葉の通り、腰に痛みを感じる状態の事をいいます。腰痛にはどのような疾患があるのでしょうか。変形性脊椎症、脊椎管狭窄症、椎間板ヘルニア、椎間板症、ぎっくり腰、脊椎腫瘍、骨粗しょう症、感染性脊椎炎、心因性脊椎症などがあります。また、腰痛には継続した腰の痛みを感じる慢性性腰痛と、ストレスなどで筋肉が緊張する緊張性腰痛があります。自分腰痛の原因を特定し、治療していきましょう。整形外科や鍼灸により治...
肩凝り
肩こりは、成人のほとんどの人が経験した事のある現代病のひとつではないでしょうか。肩が重い、張る、痛い、この症状は非常につらいものです。ほっておくと、頭痛も伴ってくるし、なんとか解消したい肩こり!肩こりは、重い頭部を支える肩の筋肉が疲労して表れる感覚です。首や肩周辺の筋肉は、あたりまえの姿勢や動きをとるだけでも大きな負担がかかり、疲労がたまりやすくなっています。肩凝りの原因は血流の悪さや血行不良です。姿勢の悪さや加齢による老化現象、ストレス、疲労や体系、生活習慣によるものがほとんどです。中には病気...
四十肩・五十肩
四十肩・五十肩は肩関節の周りに炎症が起こり、肩が痛くなったり腕が肩より上に上がらなかったりする事を言います。名前の通り、40代〜50代を中心に中高年の方に多いとされているので四十肩・五十肩と呼びます。症状としては腕を上げると痛みが走ったり、腕を後ろに回せなかったり、なにかの動作ひとつで痛みが起こったりと非常にやっかいな感じです。 あなたの首痛(頚椎椎間板ヘルニア)は改善できる!
膝の痛み 関節痛など
膝の痛みの原因は様々あります。加齢と共に関節のあちこちに痛みが表れる事は多々あります。だからと言って動かなかったり、運動しなかったりすると日常の生活にも影響を及ぼすようになって、悪循環にもなるので注意しましょう。関節は骨と骨をつなぐ大切な部分です。加齢と共に弱くなってくるのも事実です。では、膝の痛みなどの病気とはどんなものがあるのでしょうか?外傷的要因としては事故やスポーツ、年齢によるものがあります。変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、変形性脊椎症、化膿性関節炎、肩関節周囲炎、痛風等の病気による原...
坐骨神経痛
坐骨神経痛は病名ではありません。坐骨神経痛とは神経が腰椎から骨盤を通し、坐骨から出た状態で、何かに原因で坐骨の神経が圧迫された状態をいいます。そして腰などに痛みや痺れが出てきます。症状としては腰の痛みや臀部の痛み、太ももの裏、足の痛みや痺れ等があります。また、長時間座っているのが苦痛になったり、前かがみや後ろへ身体を反らす事も出来なくなります。感覚がなくなり、足に力が入らず、歩行困難にもなります。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)
骨粗しょう症は中々自覚症状がなく、ひどくならない限り気づかない事も多いと思います。背中や腰に痛みを伴ったりもしますが、背中がまるくなったり、身長が縮んだりとする症状は徐々に進むので、気づいた時には症状が進行していたりもします。骨粗しょう症が進むと、もろくなった骨は重みで潰れてしまう事があります。これを「圧迫骨折」と言います。圧迫骨折を繰り返すと、背中がまるくなったり、身長が縮む原因になります。ただ、この状態でも痛みを感じなくて、自覚症状がなかったりする事もあるので、常日頃から自己チェックをするよ...