ヘルニアの基礎知識

ヘルニアの基礎知識

ヘルニアは私たちにとって、とても身近な症状です。
現在、日本ではヘルニアの患者数は数十万人とも言われています。

 

椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア(首のヘルニア)の予防や治療をする為には、
まず、どのような症状なのかを正しく理解・認識することが大切です。

 

身体の一部がなんらかの原因で起こると言われるヘルニアは、
部位の弱いところが原因ではみ出すとも言われています。
身体の弱いところとはなんでしょう。

 

それは長年の身体の酷使、または赤ちゃんや高齢者などの筋肉が弱い人、
事故等により、身体の膜などに損傷が出来た場合などがあります。
理由は様々ですが、身体の柔らかいところに多くみられます。

 

 

首の痛みを自宅で克服!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック

先天性ヘルニアと後天性ヘルニア

 

また、ヘルニアには生まれつきの遺伝的要因の先天性ヘルニアや、
生活するうえでのある事が原因で起こりうる後天性ヘルニアがあります。

 

遺伝的要因の先天性ヘルニアは中々防ぎようがないですが、
後天性ヘルニアの場合は生活習慣や行動などで防ぐことも可能です。

 

一般的に言われている椎間板ヘルニアは骨や骨盤がずれて、
神経が圧迫される状態になり激痛を伴います。
鼠径ヘルニアなどの部位が飛び出すヘルニアもあります。

 

ヘルニアはいつ起こりうるかわからないので、
予防や治療をする上で正しい知識を身につけましょう。


首の痛みを完全克服したい!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネック






ヘルニアの基礎知識エントリー一覧

ヘルニアとは?
ヘルニアってよく聞きますが、ヘルニアがどんなものかご存知ですか?ヘルニア=腰痛ってイメージが強いと思いますが、ヘルニアにも色んな種類があって意外と知られていない事が多いのです。「エッ!あれってヘルニアだったの?」って感じなんですね。ヘルニアって言うのは身体の臓器がなんらかの理由で、本来あるべきところから脱出してしまう事を言います。臓器がでるって怖いイメージがありますが、「脱腸」も「でべそ」もヘルニアの一種です。ですから、ヘルニアは身体のどの部分にでも出来る可能性がある訳です。ヘルニアの種類は様々...
ヘルニアの症状
ヘルニアの症状には各々違いがありますが、神経性の椎間板ヘルニアなどの場合は、同じ体勢がつらいかったり痛みがあったり、しびれや筋力の低下、感覚が鈍ります。臍ヘルニアは殆ど痛みがなく、押すと戻り、自然治癒する事が多みられます。鼠径ヘルニアも最初は痛みもなく、押すと戻ったりしますが、繰り返すうちに穴が大きくなったりします。そうする内に痛みも伴ってくるので、悪化する前に早めの処置が大切です。椎間板ヘルニアなどは症状が重くなれば危険ですが、臍ヘルニアや鼠径ヘルニアなどは放っておいてもあまり命にかかわる事は...
ヘルニアの原因
ヘルニアの原因は様々です。生まれついてのものや日ごろの行動などで、いつ症状が現れるかはわかりません。代表的なヘルニアには椎間板ヘルニアがありますが、これは常日頃の身体の酷使からくるものです。また、老化現象も原因ともされています。姿勢の悪い人や、仕事で長時間座る方や腰を使う仕事の人などに多くみられます。鼠径(そけい)ヘルニアはいわゆる「脱腸」で、臍ヘルニアは「でべそ」の事を言います。鼠径ヘルニアは足の付け根の部分や下腹部にできるヘルニアです。臍ヘルニアは殆どが先天性のもので、「でべそ」と言うとわか...