椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,首ヘルニア,治す,方法,腰痛,関節痛,四十肩、手の痺れ,温湿布,冷湿布

温湿布と冷湿布

 

痛みの解消をする上で、よく温めてくださいとか、よく冷やしてください
とか言います。この場合は温めるのか、いや冷やすのかわからなくなる
事が多々あります。

 

温めていたけれど、実は冷やしたほうがよかったって事はありませんか?

 

一般的ではありますが、腰痛をたとえにして、急性の腰痛は冷湿布(冷やす)、
慢性の腰痛の場合は温湿布(温める)という事でしょうか。

 

急性の腰痛や炎症がある場合は冷やします。冷湿布がなければ、
氷でも氷水でもアイスノンでも効果的です。

 

慢性の場合などは比較的に温める処方を取りますが、温めても改善されずに、
痛みが増したり悪化するようなら即座に中止してください。

 

身体の痛みは様々な理由から発生します。

 

できるだけ、自己判断はせずに正しい処方で対処してください。
悪化してしまってからは完治するのに余計な時間がかかってしまいます。


首の痛みを完全克服したい!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネック






温湿布と冷湿布関連エントリー

ヘルニアの治療法 手術
ヘルニアの治療法には保存療法で改善しない場合や、緊急な場合は手術を行います。ヘルニアの手術にはどのような場合に行うのでしょうか?
カイロプラクティックによる治療
カイロプラクティックと聞くと整体とかマッサージとかを想像しますが、まったく違う物です。カイロプラクティックとは手のみを使用した、骨格調整の施術になります。
ヘルニア 鍼灸
ヘルニアの治療には保存療法(長期間安静でいる事)方法がありますが、同時に鍼灸治療をするとより効果的とされています。
ヘルニアの治療法 保存療法
ヘルニアの治療には大きく分けて、保存療法と手術になります。緊急な場合や手術でしか治療方法がない場合以外は、ヘルニアに対しては保存療法を施します。
温湿布と冷湿布
痛みの解消する上で、よく温めてくださいとか、よく冷やしてくださいとか言います。この場合は温めるのか、いや冷やすのかわからなくなる事が多々あります。
ヘルニアのリハビリテーション
ヘルニアの手術後や治療を終えたら、リハビリテーション(リハビリ)をしましょう。ヘルニアの痛みがなくなったら、早めにリハビリを行い、衰えた筋肉を鍛えて通常の生活に戻るようにしましょう。