椎間板ヘルニア,頚椎ヘルニア,首ヘルニア,治す,方法,腰痛,関節痛,治療法,手の痺れ,肩こり,ストレッチ


首の痛みを完全克服したい!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネック






椎間板・頚椎ヘルニアの治療エントリー一覧

ヘルニアの治療法 手術
ヘルニアの治療法には保存療法で改善しない場合や、緊急な場合は手術を行います。ヘルニアの手術はどのような場合に行うのでしょうか?一番怖い脳ヘルニアの場合は、有無を言わさず一刻を争う状態で生命の危機に関係しますので、もちろん手術が必要です。椎間板ヘルニアも基本は保存療法ですが、それでも改善しない場合は手術が必要になってきます。椎間板ヘルニアの場合、最終手段が手術になります。首の痛みを自宅で克服!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック
カイロプラクティックによる治療
カイロプラクティックと聞くと整体とかマッサージとかを想像しますが、まったく違う物です。カイロプラクティックとは手のみを使用した、骨格調整の施術になります。腰痛や肩こり、頭痛、背部痛、膝痛、関節の痛み 不眠、便秘、しびれ、冷えなどを初め、様々な症状の方が通院しています。カイロプラクティックの治療院では施術の他、日常生活や栄養指導などでのアドバイスもしてくれます。カイロプラクティックは神経・筋・骨格系トラブルの分析とケア、神経の働きを回復することによって自然治癒力を最大限に引き出します。首の痛みを自...
ヘルニア 鍼灸
ヘルニアの治療には保存療法(長期間安静でいる事)方法がありますが、ヘルニア治療は、同時に鍼灸治療をするとより効果的とされています。鍼灸は血流の改善や、体内疲労物質の除去、または鎮痛効果や自律神経の調整など、健康の状態を改善し、身体全体のバランスを取るのに良いとされています。ヘルニアの方の多くは鍼灸医院に通院している場合があります。手術前や保存療法をしている過程で、治療法にあまり効果がない場合などには、試してみる価値はありかと思います。首の痛みを自宅で克服!〜頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック
ヘルニアの治療法 保存療法
ヘルニアの治療には大きく分けて、保存療法と手術になります。緊急な場合や手術でしか治療方法がない場合以外は、ヘルニアに対しては保存療法を施します。代表的な椎間板ヘルニアは基本的に保存療法にて治療していきます。保存療法にはどういったものがあるのでしょうか?ブロック注射、低周波治療などの理学療法、薬物療法などがあり、安静にする事も大切です。食道裂孔ヘルニアなどは出血、合併症がなければ投薬による治療を行います。激痛を伴うヘルニア(椎間板ヘルニア)などには、ブロック注射や理学療法などの痛みを緩和する保存療...
温湿布と冷湿布
痛みの解消をする上で、よく温めてくださいとか、よく冷やしてくださいとか言います。この場合は温めるのか、いや冷やすのかわからなくなる事が多々あります。温めていたけれど、実は冷やしたほうがよかったって事はありませんか?一般的ではありますが、腰痛をたとえにして、急性の腰痛は冷湿布(冷やす)、慢性の腰痛の場合は温湿布(温める)という事でしょうか。急性の腰痛や炎症がある場合は冷やします。冷湿布がなければ、氷でも氷水でもアイスノンでも効果的です。慢性の場合などは比較的に温める処方を取りますが、温めても改善さ...
ヘルニアのリハビリテーション
ヘルニアの手術後や治療を終えたら、リハビリテーション(リハビリ)をしましょう。ヘルニアの痛みがなくなったら、早めにリハビリを行い、衰えた筋肉を鍛えて通常の生活に戻るようにしましょう。もちろん、再度悪化してはいけませんので、徐々に少しずつ始めます。寝返りから初めて、徐々に起き上がる感じで慣らして行きましょう。無理をせず、痛いようならバンドなどのサポートをしながら行います。ウォーキングや水中歩行などもリハビリにはよいでしょう。腹式呼吸も取り入れて、簡単なストレッチも行います。徐々に身体の衰えた筋力を...